診療時間 【月・木】9:15~12:30/14:15~19:00 【火・金・土】9:15~12:30/14:15~18:00
休診日;水曜・日曜・祝日045-988-6855

親知らず治療例紹介

東京都大田区にお住まいの男性A様(29歳)

症状 : 親知らずが原因と思われる痛み
来院のきっかけ : すずき歯科口腔外科のホームページを見て
通院期間 : 通院回数:3週間/3回
 
■初診時
診察を行い、右上の親知らずが出ている事が分かりました。
下の奥歯周辺の歯肉に食い込み出血を伴う痛みが発生していた事が判明。
患部周辺は炎症による腫れと膿が出ていました。
 
このままでは手術時に炎症が出ている事によって麻酔が効かないので、お薬を処方することによって次回来院までに炎症を抑える処置を行う。
 
■2回目
表面麻酔を行い、抜歯しました。
一部分すでに歯肉から出ている親知らずだったため、1分もかからずに抜歯できました。
部分的に切開した歯肉を縫い、手術は完了。
 
痛み止めと炎症を抑えるお薬を処方して次回来院まで飲んでもらいます。
 
■3回目
抜歯と消毒を行い治療完了。

顎関節症治療例紹介

横浜市青葉区にお住まいの女性B様(35歳)

 
症状 : 口をあくと右側の耳のあたりが傷み、口が開かない
来院のきっかけ : すずき歯科口腔外科のホームページを見て
通院期間 : 通院回数:1,2回/月×3か月
 
■初診時
レントゲンにて右の関節炎板のずれによる症状と判明。
マウスピースの治療を行う事になった。
その日はマウスピースの型をとり、終了となりました。
 
■2回目
前回取った型で出来たマウスピースを合わせました。
夜間使用をお願いし、その日は終了です。
 
■3・4・5回目
症状を見、高さを変え調整した。
 
■6回目
症状が無くなったので、スプリントを中止し、様子を見ることに。
 
■7回目
スプリントをしなくても症状の再発は無く、終了となる。